コンビニエンスストアで購入できるAmazonギフト券の種類と購入方法とは

コンビニエンスストアで購入できるAmazonギフト券の種類と購入方法とは

Amazonギフト券はとても便利な電子ギフト券で、Amazonサイトで使用することができます。

Amazonサイトでショッピングをするのであれば、クレジットカードよりもAmazonギフト券の方が安全面でも安心感があるかもしれません。

そんなAmazonギフト券と切っても切れないのがコンビニエンスストアです。

Amazonギフト券はコンビニエンスストアで購入しよう

Amazonギフト券はコンビニエンスストアで購入しよう

Amazonギフト券は、家電量販店やドラッグストアなど様々な実店舗で購入することができますが、なかでもオススメなのがコンビニエンスストアです。

コンビニエンスストアでの購入方法

コンビニエンスストアでの購入方法

Amazonギフト券にはいくつかの種類があり、全てがコンビニエンスストアで購入できるわけではありません。

コンビニエンスストアで購入できるのは、

  • カードタイプ
  • シートタイプ
  • チャージタイプ
  • です。

    カードタイプの購入方法

    コンビニエンスストアに陳列されているのを目にすることが多いカードタイプが、最も一般的なAmazonギフト券といえます。

    カードタイプの場合、金額が固定されているものと「バリアブル」といって金額を自由に指定できるものがあります。

    金額が決まっているものは、

  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • の中から選ぶことができます。

    一方でバリアブルの方は、1,500円〜50,000円の間で1円単位で指定することができます。

    購入方法はとっても簡単で、欲しい金額のAmazonギフト券カード、あるいはバリアブルカードをレジに持っていき、額面分の支払いをするだけです。

    バリアブルカードの場合は、支払いの際に口頭で金額を指定します。

    シートタイプの購入方法

    シートタイプは店舗に設置されている端末を使って購入します。

    コンビニエンスストアによって端末は異なりますが、セブンイレブンであればマルチコピー機、ファミリーマートはFamiポート、ローソンはLoppiがこれにあたります。

    カードタイプは品切れになる可能性がありますが、シートタイプにはそれがありません。

    購入できるのは

  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 25,000円
  • の6種類です。

    シートタイプの場合は、端末を操作して「プリペイド」メニューから「電子マネー」を選び、「Amazonギフト券」を選択します。(名称等は端末によって異なります)。

    そして、端末から発券したシートをレジに持っていって支払いをします。

    チャージタイプの購入方法

    チャージタイプは厳密にいうと、コンビニエンスストアで購入するというよりも、指定した金額の支払いをするタイプのAmazonギフト券です。

    カードタイプやシートタイプは支払いをするとその場で使えるようになりますが、チャージタイプには70分程度の時間がかかります。

    ただし、チャージ金額に応じてポイントが付くというメリットがあります。

    コンビニエンスストアでAmazonギフト券は使えるのか

    コンビニエンスストアでAmazonギフト券は使えるのか

    Amazonギフト券がコンビニエンスストアで購入することができるとわかりました。

    では、コンビニエンスストアで支払いに使うことができるのでしょうか。

    コンビニエンスストアでは使えない

    コンビニエンスストアでは使えない

    残念ながらコンビニエンスストアでの支払いに使うことはできません。

    Amazonギフト券はAmazonサイト以外では使用できないのです。

    「コンビニエンスストアでAmazonギフト券を購入したものの使うアテが無くなった…」なんてときには、次の方法がオススメです。

    Amazonギフト券買取業者に買い取ってもらう

    Amazonギフト券は人気の電子ギフト券です。

    そのため買い取ってくれる業者もたくさんあります。

    業者によって換金率は異なりますが、90%以上の換金率を謳う業者もあります。

    ネットオークションに出品する

    買取業者を使うのに抵抗があるひとは、自分でネットオークションに出品してもよいでしょう。

    全て自分でおこなうぶん手間はかかりますが、業者に差し引かれる手数料等を考えるとこちらの方がお得かもしれません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。